未熟な僕はとりあえず1000人の起業家に会ってみた

都市と都市の情報格差すら激しい世の中に絶望してます。名古屋もとい地方を活性化させるべく若手向けに新鮮な情報を発信してる今日この頃です。

【岐阜県】美濃和紙のPR戦略

こんにちは、金やんです。

 

今回は岐阜県美濃市で有名な美濃和紙のお話です。

実は美濃和紙はユネスコ無形文化財にも登録されており、日本の代表的な和紙として有名なんです。

 

美濃和紙の起源は明らかではありませんが、奈良町時代、仏教の普及により、写経が盛んになりました。その写経用の紙に美濃紙も使われたようです。毎日新聞社「手漉和紙大鑑」によると、少なくとも美濃和紙は、1300年以上の歴史を有するものだと考えられているらしいです。

 

このように歴史が意外と深い美濃和紙、実は現在若手後継者の育成が課題となっています。

 

そこで岐阜県美濃市はまず美濃和紙の魅力を若い世代に伝えるべく国内外での見本市や展示会に美濃和紙製品を出展したり、ブランドコンセプトの広報活動にも取り組んでいます。

 

具体例を挙げると美濃和紙協同組合という協会があります。

ここでは主に美濃和紙を国内外に向けてブランド化するということをコンセプトに美濃和紙の魅力を伝えています。

http://www.minowashi-japan.com/

 

美濃和紙の新ブランドには、厳しい品質基準を設定、その基準に合格した製品のみを認定します。こういったブランドを確立して日本のものづくりの基準の高さをブランドとして打ち出した典型例です。


その基準は、生産地・生産者・原料・製法・品質・エコロジー・原紙使用に関するものなど、多義にわたり詳細に設定されています。

この厳しい基準をクリアした製品だけが、美濃和紙の新ブランドとして認定されるんですね。認定された製品だけが「本美濃紙」「美濃手すき和紙」「美濃機械すき和紙」の新ブランドマークを表示することができます。


認定された製品は、最高の品質を誇る美濃和紙として、世界に通用するブランドであることを伝えます。

岐阜県美濃市はこういった国内外問わずのブランディング戦略で地方の魅力をPRし国内外との企業とのマッチングなど広報的な活動までも精力的に行っているのですね。

 

 

~参考となるポイント~

 

・企業とのマッチングや広報は行政が、具体的な商品開発等は民間事業者が、また人材研修については県と市が一般財源化するなど、関係者が役割分担を明確化して効果的に連携していること

 

・伝統産業の後継者問題を解消しながら、販路拡大による売上の増加、ブランド化による価値向上を狙っていること

 

・販路拡大やブランド構築等について事業者の売上高を通じた想起の自立化を目指していること

 

最後まで御覧いただきありがとうございましたー!!

 

【長野県】女性が輝く!農村新産業創出!!

こんにちは、金やんです。

 

「働き方改革」が近年ささやかれてきています。

労働生産性の向上、長時間労働の是正などの観点から、テレワークの導入や、会議時間

短縮などの取り組みが始まっています。

 

厚生労働省推し進める、日本の企業や暮らし方の文化を変える「働き方改革」。

一億総活躍社会を実現するという「働き方改革」とは、具体的にどのような取り組みが

されているのでしょうか。

 

その中でも一例を取り上げました。

長野県川上村(かわかみむら)という地域で農村新産業創出事業という取り組みがなされています。

 

村外から嫁いだ女性の大半が首都圏での勤務経験を持ちながらも、農業以外の産業がなく経験を活かせる職場が村にないことからこの事業は立ち上がりました。

 

f:id:kanagawa0926:20170912180330j:plain

 

そのため女性の社会進出を促すと共に地方での働く場を創出するため、他にも家事や子育て、子供の預かり等を住民間でサポートする体制を整えると共に有力な産業である農作物を使った新商品の企画・開発を行う拠点として「ライフサポートセンター」を創りました。

 

また村外の専門家や起業家を積極的に招き、アイデアを具現化していくことで村の主要産業である農業に加えて、新たな産業の創出を目指しています。

 

例えば、カプリ。

f:id:kanagawa0926:20170912181307p:plain

 

 

カプリは、川上村内の様々なニュースや子育て、生活に関する情報を閲覧したり、お子さんの予防接種記録などをスマートフォンで管理できるアプリです。

 

主に子育ての記録を管理したり、子育てに必要な情報をまとめて得られるアプリです。

こういった取り組みが官民協働で行われているのは感慨深いですね!

 

~参考になるポイント~

 

①様々な勤務経験を持つ女性の社会進出を可能にすると同時に、主要産業である農業以外の新たな根っことなる事業を創出目指した取り組み

 

②行政は女性創業に向けたアドバイザーの招へいとサポート体制を強くし、住民主体の「サポートセンター」は家族・子育ての支援を行うなど、官民協働の体制で進めていること

 

③家事代行サービスや子育て支援サービスなどの利用材料等により、自立への道筋を立てていること

 

最後まで御覧いただきありがとうございましたー!!

「未来の年表」を読んで

こんにちは、金やんです。

 

今回は書評を書きます。読んだ本は「未来の年表」

最近かなり売れ筋な本です。日本の未来をかなり悲観的に書いてます。でも、少子高齢化、人口減少、介護問題、国民負担増。避けられないような現実ばかりを思い知らされる本です。

 

f:id:kanagawa0926:20170908182745j:plain

 

昼飯を作ろうとしたら冷蔵庫に食材や飲み物がない。そんな僕らはスーパーやコンビニに食料を買いに行く。若者が衣服に困ったりお洒落したければ都会の一等地に立ち並ぶショッピングモールやアパレルショップに買い物に行く。

 

どれも取るに足らない当たり前な日常。でもそんな生活すら送れそうもなくなってしまう枯れ果てた日本の未来をこの本は描いてました。

 

戦後の経済成長真っ只中ベビーブーマーで日本の人口はたくさん増えました。そんな団塊世代として生きてきた人達も2020年の東京オリンピックから7年後の2027年には全員75歳以上になります。ますます生産年齢人口は減少して同年には3人に1人が65歳以上の超高齢社会になります。

 

またそこから20代前半の僕らが生きているぎりぎりの時期にもなるとなんと2人に1人が高齢者というとんでもない世界だということです。

 

街を歩いてると半分がおじいちゃんな訳です。()

 

これは世界的に見ても歴史的に見ても至上ここまで高齢者の比率を占める国は日本が初めてなのだそうです。

 

なので数十年もすると都会にある若者向けのアパレルショップも売れずに軒並みつぶれ、逆に地方の商店街にあるよう紳士服屋みたいなのが都会だけに並びだすような将来になるのでしょう。お洒落な人達が集まるスターバックスも老体には甘すぎて飲む人も減り、こじんまりとしたお茶しか出さない喫茶店の方が流行るのかもしれません。

 

また人口も限りなく減少していき確実に農業従事者も減ってきています。政府の統計によると2010年まで250万人いた農業人口も2015年には50万人減ってしまうというデータが出ています。

 

これは1年経つうちになんと10万人もの農業人口が減ってしまっているということです。

 

ただでさえ食料を海外に依存しているのに日本の地方での農家の人がいなくなってしまったら一体どうなってしまうのか?

 

f:id:kanagawa0926:20170908182955j:plain

 

バーチャルウォーターという考え方があります。

これは日本人が輸入に頼っている食料分を実際に自前で全部補えた場合に必要な水の量です。2015年の統計によると800億立方メートルで、これは年間の日本の年間水使用料と同じなのだそうです。

 

ということはもし、自前で食料を補えたとしても自前の水の量が全く足りないため日本では豊富だと言われるの水の量も輸入に頼らざるを得ない状況だということです。

人間が生きていくための最低限に必要な水食糧すらこのままではままならない。

 

こんな感じで日本の労働人口ではあまりにも産業を維持するのに足りなく、外国人の働き手が今後日本には必要としています。ゆくゆくは海外の人の方が日本人が多くなるという多国籍経済が出来上がってしまうというなんとも想像しにくい未来が日本には待っているという将来にもならざるをえないんです。

 

こういう現状を自分事に捉えるのか捉えられないのかで20代というこれからの経済を引っ張っていく僕らの人生は大きく別れてしまうんだと気づかされる今日この頃です。

 

最後まで御覧いただきありがとうございましたー!!

サッカー界の寵児から聞いたセカンドキャリア

こんにちは、金やんです。

先週の休日は前から仲良くしてもらっているサッカー業界のおじさんを東京で接待していました。ちなみに僕はサッカーに興味がありません。(笑)

でも、面白い話が聞けたので共有しようと思います。

 

f:id:kanagawa0926:20170907090945j:plain

 

お会いするのは二回目ですが元Jリーガーの石塚啓次さんという方を紹介してもらいました。

 

石塚さんは小学校からサッカーを始め、高校総体ではその秀逸さから「和製フリット」と称され、選抜では金パツで出場するなど賛否両論ありながらも高校卒業後にヴェルディ川崎に入団し、NICOSシリーズから出場機会を掴むと同クラブのステージ制覇とチャンピオンシップ制覇に貢献しましたが、ヒーローインタビューにおいて「僕を試合出したら優勝出来るんで、よろしくお願いします」と横柄な態度で発言し物議を醸した選手で有名です。

 

184cmという恵まれた体躯でスピーディであり細かな技をもつテクニシャンタイプとして日本には珍しい希代の天才と言われていたそうですが1996年アトランタ五輪代表候補に選出されたものの、代表招集された後の合宿に現れず二度と招集される事が無かったというこれまた異端なエピソードを持ちます。

 

日本代表に召集されたのに合宿に行かなかった理由は監督が嫌いだったからだそうです(笑)

サッカー界の輝かしいキャリアを歩むチャンスを自ら蹴るってのはもはやよく分かりませんでした。今でもインスタなどで名指しに近い監督論評をしています。

完全にサッカー界の寵児です(笑)

 

そんな石塚さん2003年に現役を引退し、森敦彦コンサドーレ札幌ゴールキーパー)とともにEXILE松田翔太御用達のアパレルブランド「WACKO MARIA」をプロデュースしたのちにもロシアンテイストのアパレル「ブエナビスタ」を経営する実業家になっています。現在は家族とスペインのバルセロナでうどん屋を経営する実業家だそうです。

 

スペインでうどん!!??については後程語ります。

 

WACKO MARIA」は表参道に本店を構え店内にカフェがあるなどお洒落でデートでも使えそうな感じでした。服もモードでラフな感じのが多かったです。お洒落な茶色いジャケットを一着買おうと思いましたが値札を見てやめました(笑)

 

本題に戻すとサッカー選手の選手の生命は短く、現役に花が咲かなかった選手の大半はアルバイトやサッカー教室を開いて生活に苦労する人が多い中、とても石塚さんはのびのびと生きられている印象がありました。

 

サッカー業界にもいろんな働き方があります。引退後には選手の移籍を支援するサッカー界の人材派遣みたいなのもあれば審判としてフリーで生きていく人、上記のサッカー教室やクラブチーム経営など色んなセカンドキャリアがあります。

 

業界のリアルまで話すと

選手の移籍支援の人は交通費などの経費は完全自腹ですが、選手の移籍をあっせんしてサッカーチームとの契約が決まると契約料の10%がもらえるそうです。契約金1億円とかよく聞きますが1000万円貰っているということですね。

ですが、色んなサッカーチームを視察し、自腹で追いかけ、選手に寄り添って声を聞いて選手のキャリアに合ったチームを紹介していくのでその選手のキャリア大きく左右する責任重大な仕事です。

また、審判はセカンドキャリアとしては以外に多いそうで試合一つするので相場3万円貰えるとのことでした。金額として大きくないので月に四回審判をして審判で月10万円あたりを貰い、あとはアルバイトなどで賄うというのが主流だということでした。

 

石塚さんは淡々と教えてくれましたが僕の頭の中はうどん?でいっぱいでした(笑)

現在はスペインのバルセロナで宵宵祇園(よいよいぎおん)という名前でお店をしているとのこと。

 

f:id:kanagawa0926:20170907101721j:plain

※宵宵祇園店内の石塚さん うどん創作中

 

そこで質問してみると

 

金やん   

「スペインでなんでわざわざうどん屋を?w」

 

石塚さん  

「食べたかったからやな。」

 

金やん   

「いやwでもラーメン屋とかにしようとは思わなかったんですか?」

 

石塚さん   

「ラーメンだったらスペインでやってる人がいる。でも、うどんなら競合いないし、俺にもすぐにマスターできると思った。まぁ、経営危機にもおちいったけど紳士にやってたら地元にファンもできて結構うどんの良さを分かってくれてる。日本の出汁文化はバルセロの人には珍しいみたいやね。やるからには製麺機もしっかりしたもので他の追随を許さんくらいに真剣にやってはいるはな。」

 

とこんな調子でした(笑)

 

石塚さんはワイルドで最初は怖い印象があったんですがとても不思議な人でマイペースでとても気さくですが、第六感的な感覚で動いていてなおかつ一切揺らぐことのない自信を感じられました。

 

f:id:kanagawa0926:20170907101805j:plain

 三人で。上はロシアンアパレル「ブエナビスタの展示会会場」

 

結局は直感で思ったことはまず行動に写してみてダメ元でやってしまえという爆発力がスポーツ選手は強いんだと色々気づかされる素敵な休日でした。

 

最後まで御覧いただきありがとうございますー!!

モチベーションなんてものはないと思う

こんにちは、金やんです。

 

最近モチベーションとう言葉をよく耳にします。モチベーションとはどんな意味があるのか詳しく説明できる人はあまりいないのではないでしょうか?

 

辞書で調べてみるとモチベーションとは

「物事を行うにあたっての、意欲・やる気または動因・刺激」と記されていました。

 

よく聞くのが「モチベーションが上がらない」とか「モチベーションが高まる」とか言いますが僕からしたらモチベーションなんか存在しないのでは?と思います(笑)

 

モチベーションが上がり下がりするといいますが、今ダイエットをするとして普通に憧れのあの子にモテたいとか目的があればやる気もおのずと上がってくるのではと思います。またここで目的を持とうとするのは大事ですが時期尚早です。

 

なぜなら行動した上で手に入る幸福よりも行動しなかったことで待つ苦悩の方が甚大に大きいというデータがハーバード大学脳科学研究科でも実証されているそうです。

 

つまり、しなければならない行動に対し、しなければならないという恐怖&必要性を高めてしまえばモチベーションとかどうこうは関係なくなるのだということです。

 

僕はかなり自分でもさぼり屋なのでこれを上手く利用しています。やり終えた快感を思い描くよりもやらなかったことで出来る恐ろしい未来を想像します。

 

例えば、この仕事をあと1時間で終わらせられなかったら上司から厳しいお叱りがあるなど行動する理由を無理くり作るのです。

 

このようにやるべきことがあって面倒で身体が動かない時はやらないといけないという事態まで自分を時には追いやってみてはどうでしょうか?(笑)

 

最後まで御覧いただきありがとうございました。

f:id:kanagawa0926:20170611211434j:plain

飲み会で出世する人しない人

こんにちは金やんです。

 

飲み会てめっっちゃ大事だと思います。学生の飲み会のことを指しているのではなく社会人になってからの飲み会は特に重要だとひしひしと感じさせられている今日この頃です。

f:id:kanagawa0926:20170613161156j:plain

 

「上司に飲みに誘われた!!」と嘆く人をよく見かけます。何を嘆くのかわかりません。僕からしたらめっちゃチャンスやんとしか思わないです。飲み会=上司またはお客さんに認めてもらう最大のチャンスです。

 

飲みの席っていつもとは違う仕事から外れた空間だからこそ、人となりが出やすいとは思いませんか?

仕事中だと仕事の話がやはり比重が大きくなってしまいます。でも、いざ飲みに行くとお酒やその場の雰囲気でやはり気持ちが良くなるのでプライベートな踏み込んだことを聞き出しやすい。

 

僕の周りはとにかく2周りも3周りも年上の人が大半です。だから新卒社員とみられがちな20代前半となるとまず最初に少なからずなめられる。

 

僕は新卒ペーペーというレッテルを張られる自分が圧倒的にビジネス経験のある方々とどう対峙するのかをひたすら考え続けてきました。

 

f:id:kanagawa0926:20170613161614j:plain

    謙虚であること・気遣いが出来ること

30代、40代の方々にとって若手社会人は礼儀が無いというレッテルを基本的に誰でも持っています。持っていないとしても仕事のアウトプットにしても礼儀にしてもそもそも最初からあまり期待してないです。

 

じゃあどうすればいいのか?

 

とにかくそんな相手の期待を良い意味で裏切ることが何より大事だと思っています。

気遣いが出来る新人てやっぱりほとんどいません。上司のお酒が少しでも減ったらお酒を注いだり、率先して料理をよそう、上司が立ち上がったらトイレに誘導する、おしぼりが汚れたら一早で店員におしぼりをもらう。こういう気遣いって自分に余裕がないと出来ないです。

 

恰好悪い??

 

けどそんなのは関係ないです。結果それで目の前の人に気に入られて自分の可能性が広がるのであればやってみるに越したことはないと思います。

相手のことや周りを率先して見れる人はこういった細かいところで上司やお客さんの信用をコツコツと積み重ねていきます。

 

一つ一つのアクションて意外とみられたりするもんなんです。学生であろうと後輩の態度が悪かったりするとすぐ悪いところに気づいたりしますよね。自分が上司の立場だったとして新入社員なのに最強に気が利くってわかったら一目置くかと思います。

 

むしろ相手がベテランであればあるほど自分の器量なんか一つのアクションで把握されてしまったりもしてしまいます()

 

僕もあくまでただの飲み会の初動の悪さで新しい仕事の話が急にストップしてしまうなんて苦い経験もありました。

 

    心から相手に興味を持つこと

 

中年層の人ともなるとあまり周りで真剣に話を聞いてくれる人は少ないです。業界の裏話や経験など「教えを乞う」というスタイルを貫き通すだけでかなり喜んでくれやすいかったりします。次から次へと気持ち良く話をしてくれます。

ここで言いたいのはただ聞くだけでなく、そんな飲み会で聞いた内容をしっかり覚えておくことが何より超重要です。

 

日にちが経ってふと「あ、部長のお子さん確かもうすぐ中学卒業ですよね?」などと切り出すと「こいつは本当に自分のことに興味を持ってくれているんだ」と感じてくれてそれだけでも一目置いてもらえます。

 

僕も目の前の人にあんまり興味が持てない場合(結構多いw)でもなにかしら好きになろうと力んでしまうときがあります。そんな時は相手が今の仕事をしている理由や家族のことをお聞きすると途端に情が沸いて興味を持つことがあります。

 

まずは目の前の相手に興味をもつことから始めてみましょう!

 

上司だって人間です。最近崖っぷちなバーコードヘアーや帰宅すると妻に嫌がられるなど何かしら悩みを抱えて生きているんです。そういったストーリーをしっかり聞いてみると意外と人として興味を持つことが出来ると思います。そんな立場からしたら聞いてもらえるってすごい嬉しいことですよね。

 

f:id:kanagawa0926:20170613161825j:plain

    意外性を出すこと

 

意外性をだすことってすごい効果があります。

僕は上司やお客さん、社長さんの接待で飲み会の後はカラオケを良く使っています。僕の年代でカラオケに接待としてがめつく連れていくような人はまずいないからその時点で変わった印象を与えられます。そしてお客さんや上司の年代の曲をしっかり把握してそれなりに上手く歌えるとしたらどうでしょうか?若いのにこんな世代の曲を知っているのかと驚かせる理由にもなります。

 

なので僕は休日には昭和の歌をこっそり練習してたりしますw

 

とにかく意外性を出しまくることが出世においては必要不可欠です。One of themではなくいかに自分が目を付けざるを得ないOnly oneなのかを徹底的に意識することが大切だと思っています。

 

あなたのonly oneは一体なんでしょうか??

 

おかたい教育なんかくそくらえ

皆さん、お久しぶりです。金やんです。

 

ブログの三日坊主の罪悪感がぬぐい切れない今日この頃ですが、しっかりアウトプットするために2日に1回で習慣化してきます。最後まで読んでくれる人を思い、その期待に答えるべく多いに役に立てそうなこと書きますんで応援よろしくです()

 

みらいの学校スポンサーの高校生教育アイデアソンというイベントにて高校生のファシリテーターとして運営に関わらせていただきました。

 

f:id:kanagawa0926:20170611211424j:plain

 

参加者の高校生は皆それぞれ面白い子たちばかりで学校教育に関して未来を感じなかったため高1で中退した子であったり、企業の下で働いてwebデザインの仕事をしている子がいたり、音響工学というコアな勉強をしている子とか高校在学中で休学してオーストラリアに留学している子がいたりと大変刺激的な仕事の機会でした。

 

【現代の教育】

 

少子高齢化、急速な情報化などが介在する不安定な世の中でこれから将来社会に求められる人材とは?またどんな教育が求められるのか?を考えました。

 

現在の教育は本当に課題だらけだと僕自身も考えています。

僕も中・高時代授業がつまらなさ過ぎて授業に出ずポケモンしてたり、授業中でも一番前の席で話を聞かず髪型セットしたり飲食して怒られてたのを思い出しました。

 

f:id:kanagawa0926:20170611211434j:plain

さかのぼること戦後GHQの占領下に置かれた際に始まった軍事教育の名残が今の教育です。軍事教育とはその名の通り軍隊の中の教育です。軍隊は総統が指示した通りに軍人が動かなくては作戦も失敗に終わってしまいます。簡単に言うといかに上の指示を忠実に守るかどうかが全てということです。そこに軍人の考えや答えは必要ありません。むしろ邪魔な訳です。

 

だって上の指示を聞かず、自分の考えを提案したり、反対することで軍隊の作戦はストップしてしまう訳だから軍隊からしたら軍人に考えさせず、脳でなく筋肉だけを使わせることが大事だからです()

 

今の教育制度も基本的に先生が生徒向けに一方的に教えるだけ。そこに自ら考える機会というのは一部の学校を除いてほとんどありません。

 

考えないことに主体性・意思は全く生まれません。

そもそも授業はなぜあるのか?自分が何を学びたいのか?を実際に意識できていないと学ぶ意欲なんて生まれない。思考停止して凝り固まった古い枠組みで今の日本社会はこうであるということで「現状を疑うという目線」というのを無くしているのが現代教育であると思います。

 

【急激に変わる世の中】

 

そんな現代教育を救出すべく、今回の高校生達が出した「答え」は素晴らしいものでした。

 

f:id:kanagawa0926:20170611211910j:plain

 

問いは

    これから社会に求められる人材

    そんな人材を創るための教育とは

 

これから社会に求められる人材は率先して課題を見つけ出し、それを自ら解決していけるようなリーダー型の人間です。

VRフィンテックなど情報技術の発展で世の中のニーズが超急速に移り変わる今、大企業の存続自体も危ぶまれるようになってきています。

 

タイムチケットっていうサービスを皆さんは知っていますか?

株式会社レレレという会社がしているサービスでメルカリの自分の時間を人に売る版みたいなサービスです。

https://www.timeticket.jp/items

 

簡単に言うと皆さんがスペイン料理超上手だとして305000円でスペイン料理を教えますと自分の時間を相手に値段を好きにつけて売ることの出来るプラットフォームになっています。こうした人やモノ、場所の空きを活用したアイドルエコノミーという分野はアメリカなどの先進国ではもはや当たり前のものとなっています。

実際にこのタイムチケットで3015000円出会い系専門のプロフィール写真を撮るカメラマンなどで生計を立てている人も僕の周りにもいたりします。

 

つまり、会社にいなくても自分のスキルで仕事が出来る時代に日本もなってきているんです。だから逆に自分の得意分野が無いと生きにくい時代にもなってきているということ。

 

こんな不安な将来が近づいてきている中、現在の学校教育では生徒は自ら考え、自分の得意分野や新しいものを作り出す能力が養えない。それを解決するためには経験型授業が大切であるという答えを彼らは出しました。

 

例えば昔の理科の実験の時の記憶とか知識って意外と記憶に残ってたりしませんか??

 

あれってアンモニアの実験で出る強烈なにおいや、英会話は耳で覚えるのが効率的とか言いますが結局は嗅覚と触覚とか聴覚とかを一緒に使って記憶すると体験として記憶とリンクして引きだしやすいのだそうです。

 

具体例を挙げると高校生の一人は理科の実験で植物の種子の勉強を実体験で学校にある畑で野菜を作ってそれを家庭科の授業で調理する。こんな科目がつながっていくような新しい教科連動型の授業を提案していました。

 

実際に土のぬくもりを感じながら野菜を作ることの苦労、食料への感謝をさせる機会であったり、グループの皆と関わり合って学び研究することでリーダーシップやコミュニケーション力を養うことが目的だとのこと。

 

また、他学年同士の繋がりが薄い義務教育において高学年が低学年に対して先生が見守りながら勉強を教える授業なども生徒が教育の楽しさを見出すきっかけとなったり、他学年とのコミュニケ―ションを促すというのを考案している子もいました。

言動が高校生のそれではなかった。()

 

f:id:kanagawa0926:20170611211451j:plain

この子たちを見て思ったのがとにかく日本の将来は明るい()

もし、自分が高校生の時に彼らと話していたらとにかくコテンパンのフルボッコにされているだろうと末恐ろしく思った一日でした。